東京のベッドタウン|立地条件によって変動する価値|不動産の選び方を知ろう
男女

立地条件によって変動する価値|不動産の選び方を知ろう

東京のベッドタウン

一軒家

千葉市は、人口がおよそ97万人の政令指定都市です。東京都への交通アクセスもいいため、東京都心への通勤率は2割を超えていて、東京のベッドダウンになっています。千葉駅や千葉中央駅の周辺はオフィス街になっており、百貨店も多くあります。千葉港付近は工業地帯になっていますが、他の地域は田園風景も広がっています。幕張には、幕張メッセや千葉スタジアム、そのほか高層ビルなどが整備されたエリアで、国際都市としての機能を備えています。千葉市は、千葉大学や東京大学の公立大学のキャンパスもあり、また私立大学や短期大学も多いので、教育面で安心して住むことができます。また、博物館や美術館、動植物園も多いので、文化面でも楽しめます。

千葉市の不動産価格は、浦安市や市川市に比べて安価になっていますが、周辺の市に比べれば高くなっています。千葉市の中でも中央区は、千葉市役所や千葉県庁があり、また千葉駅を中心に商業エリアになっているため、地価や家賃などの不動産の価格も高くなっています。通勤にも娯楽にも便利なエリアなので単身者に人気です。一方、花見区は住宅団地が多く、花見川が流れている自然豊かなエリアなので、ファミリー層に人気のエリアです。千葉市には不動産会社も多く、いろいろな物件を選ぶことができます。今はインターネットを介して自宅で物件を調べることができますが、中にはサイト上に紹介されていない物件もあるので、いい物件を探すには実際に不動産会社に訪れることをおすすめします。